元プログラマーぷげらの趣味ブログ

このブログはぷげらの平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。

【アンチャーテッド4】チャプター11 海賊パズルの謎解きを解説【海賊王と最後の秘宝 攻略】

 チャプター11の時計台地下にある海賊パネルの謎解き/パズルについて分かりやすくまとめてみました。 

 

 

海賊パネルの謎解きを解説

f:id:pgrkun:20160511162423j:plain

  時計台の最上階で巨大な鐘を鳴らし、地下と進むと「海賊マークのパネルと星の描かれた肖像画」による謎解きパズルが始まる。 パズルは全部で4問あり、4問目は少し難しくなっているので、分からない人は一緒に考えてみましょう。

 

 

ステップ1

f:id:pgrkun:20160511162823j:plain

 第1問目は、2つの海賊マークに描かれた星を合わせるというシンプルな問題。 L1とR1でパネルを動かし、左右の星を合わせてみましょう。

 

 

 

ステップ2

f:id:pgrkun:20160511172648j:plain

 第2問目は、3つの海賊マークの描かれたパネルの向きを組み合わせる問題。 最初に数回まわすことができますが、第1問目とは違い海賊マークに星が描かれていないので、運が良くない限り当たることはないでしょう。 第1問目をクリアすると左の部屋が開いているので、そちらでヒントを得よう。

 

 

f:id:pgrkun:20160511170741j:plain

 左の部屋に入ると、3つの海賊の肖像画が並んでいます。 各肖像画に描かれた海賊とその海賊が掲げていたマークが関連しているので、肖像画を調べていきましょう。

 

 

f:id:pgrkun:20160511170813j:plain

 肖像画をL2で注目し、△ボタンで描かれた星のマークを調べましょう。 すると、メモを書き始め、ヒントを手帳に記すことができます。 同じ要領で、残り2つの肖像画の星のマークも確認しましょう。

 

 

f:id:pgrkun:20160511170837j:plain

 3つの肖像画の星のマークを手帳に記したら、手帳を開きましょう。 すると、パズルと同じ絵柄の海賊マークに星が描かれたものが完成します。 手帳で、海賊マークの向きを変えて星を揃え、絵柄の向きを覚えておきましょう。

 

 

f:id:pgrkun:20160511170907j:plain

 絵柄の向きを覚えたらパズルに戻り、絵柄の向きを手帳と同じ向きに揃えましょう。 すると、パズルが動き出し3問目に進みます。

 

 

ステップ3

f:id:pgrkun:20160511170934j:plain

 第3問目も2問目と同様、肖像画から星の絵を確認し手帳で絵柄の向きを確認していきましょう。 3つ目の肖像画が地面に落ちているので、掛けなおしてから星の絵を確認しよう。

 

 

f:id:pgrkun:20160511171118j:plain

 1つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511171138j:plain

 2つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511172730j:plain

 3つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511171345j:plain

 絵柄の向き。

 

 

ステップ4

f:id:pgrkun:20160511171919j:plain

 第4問目は少し複雑で、2枚の肖像画が焼け焦げており、名前が消えてしまっているため、星の位置のみで向きを考える必要があります。 また、星の絵が見つかりづらい場所に書かれているため要注意。

 

 

f:id:pgrkun:20160511171648j:plain

 1つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511172756j:plain

 2つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511171938j:plain

 3つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511171953j:plain

 4つ目の肖像画の星の位置。

 

 

f:id:pgrkun:20160511172025j:plain

 絵柄の向き(はてなマークの向きと同じ向きに合わせる)。

 

 

 以上で海賊のパズルの謎解きが終了します。 他のチャプターの謎解きについても解説していきます。

 

 

©2015-2016 元プログラマーぷげらの趣味ブログ

※当ブログに掲載している文章・画像等全てを無断転載及び転写・加工することを禁止致します。