元プログラマーぷげらの趣味ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元プログラマーぷげらの趣味ブログ

このブログはぷげらの平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。

【ペルソナ5】鳥にあって烏にない線の表す意味の答えについて/11月10日国語の川上の授業編【P5攻略】

 11月10日にある国語の川上の授業の解答について分かりやすくまとめてみました。 鳥にあって烏にない線のあらわす意味とは?

 

 

国語の授業の解答について

f:id:pgrkun:20160921103726j:plain

 11月10日の国語の授業で、川上から「 鳥にあって烏にない線のあらわすものは何か?」と質問されます。 とりにあってカラスに無いということは、烏って鳥にある何か大切なものを失ってしまったということなのでしょうか。

 

 

 

f:id:pgrkun:20160921105300j:plain

 選択肢は「とさか」「目」「鼻の穴」「焼き串」の4つです。 焼き串はさすがに酷いですね。 とさかは、カラス以外にもない鳥なんて山ほどいますし・・・ということで、正解は「目」でした。

 

 

f:id:pgrkun:20160921105537j:plain

 実際に目が無いわけではなく、色が黒くて無いように見えるだけのようです。 ちなみに、私たちが日常的に目にするカラスは、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種で、他にもたくさん種類があるそうです。 烏について調べていると、意外と面白かったりするので、皆さんも是非調べてみてください!

 

                             f:id:pgrkun:20160209161035j:plain


フォローする



©2015-2016 元プログラマーぷげらの趣味ブログ

※当ブログに掲載している文章・画像等全てを無断転載及び転写・加工することを禁止致します。